Case: Royal Baby

今月8日、英・ウィリアム王子の妻、キャサリン妃が第2子を妊娠したことが日本含め世界各国で報道されました。

イギリス王室が妊娠を公式発表したそのわずか7分後に、英国日産のツイッターアカウントで投稿された祝福ツイートがこちらです。

たとえ三つ子だったとしても、“まだ”十分なスペースがございます。女王陛下…

この投稿はもちろん、わずか7分の間に考案・制作されたものではありません。

「ロイヤルベイビー誕生・キャサリン妃第2子妊娠」に関する噂が英国内で出回った7月中旬から、確証も掴めないまま“まさにこの時”に狙いを定めてクリエイティブの制作を進めていたと、ヨーロッパ日産のソーシャルメディア統括責任者はコメントしています。

あくまで推測ですが、Twitterのポストによるリーチ・拡散だけを想定したものではなく、「クリエイティブを作りこんでいるにもかかわらず、公式発表されてわずか数分でポストされている」という“意外性のある・ちょっと驚きのネタ”をフックにして、あわよくばパブリシティを獲得することまで意図していたのだと思われます。

参考サイト

Gute Werbung
http://www.gutewerbung.net/nissan-uk-royal-baby-real-time-advertising/
Adweek
http://www.adweek.com/news/advertising-branding/how-nissan-beat-everyone-royal-baby-tweet-just-seven-minutes-160001
campaign
http://www.campaignlive.co.uk/article/1311108/nissan-creates-tactical-ad-7-minutes-royal-baby-no-2-announcement