Case: Taxi Trails

今年もお盆の時期になりました。連休を使って旅行に行かれる方も多いかと思いますが、国内・海外を問わず旅行に行く際には、ガイドブックに載っている定番の場所だけではなく、安いけれど美味しいレストラン、若者に人気のナイトスポットなど、地元の人が通うような隠れた名所に行ってみたいと思いませんか?

そんなリクエストに応えるべく、スウェーデン・ストックホルムで営業するタクシー会社Taxi Stockholmは、同社のタクシーが街中を年間800万回も走るという利点を活かした、新しい試みをスタートさせました。

GPSによって収集されたデータに基づき、ストックホルム市民が行き先に指定した場所を地図上に表示。人々が降車した回数に合わせてエリアを色分けし、地元の人がよく行く場所が一目で分かるようにしたのです。

さらに『過去1年間のデータ/直近1ヶ月のデータ』、『平日/週末』、『昼間/夜間』、と表示を変えることができるので、『直近1ヶ月で週末の夜、人々がよく訪れた人気のエリア』といった具合に、的を絞ったリアルな情報を得ることができます。

その他にも『上流階級』や『トレンドに敏感な層』、『中間層』といった区分けでもエリアを表示することができるのもユニークな点。

気になるエリアがあれば拡大し、その近辺にあるお店やレストランの情報を知ることができるという仕組みになっていて、非常によく作り込まれています。

“地元に精通したタクシー会社”という最大の強みを活かした施策。今流行のビッグデータを利用者目線に立ってサービスへと昇華させた素敵な取組みだと思いました。

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/taxi-stockholm/trails
Taxi Trails
http://www.taxitrails.se/en