Case: Milk which is already finished

ロシアの牛乳メーカー「Talitsa」によるプロモーションをご紹介。

牛乳のCMといえば、大抵下記のように“フレッシュ・新鮮”を打ち出すイメージですよね。

ところが、ロシアをはじめとする欧米では“新鮮”というイメージとは程遠く、牛乳の賞味期限は通常4~6週間程度に設定されているそうで、中には(未開封の状態で)半年も保存できるものもあるのだとか。

『美味しさをウリにしている牛乳なのであれば、賞味期限は6週間も要らないはず』と考えたTalitsaは、競合メーカーのCMの後に“(牛乳を飲み終えて)空になったコップを持っている少年”の映像を、『自然の製法で作られた牛乳は賞味期限が短いものです。』というナレーションとともに流しました。

さらに屋外に設置した看板広告やバナー広告、店内プロモーションなどで広く告知した結果、自然の製法で生産された牛乳を購入する人の数は2倍になったそうです。

ターゲットであるロシア国民が“当たり前だ”と思っていたことに異を唱えた、メッセージ開発が巧みなプロモーションでした。

動画はコチラ

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/ambient/talitsa_milk_which_is_already_finished