Case: Gradiente

ブラジルはサンパウロでGradienteというブラジルの携帯会社が実施したシリーズプリント広告。

子どもが安全に使えるように、ペアレンタルコントロールがついたこの商品。その特性を私たちがよく使うあのインターフェイスを使って表現しました。

・プリンセス篇

・クルマ篇

・オモチャ篇

画像検索をする際に、検索ボックスに入れる単語のつづりを間違えたりすると、関係ないイメージや卑猥な画像が出てきてしまうことがあります。

そこで「ペアレンタルコントロールがあれば、そういったことは起こりません」という内容を、「子どもの悪影響のないものしかヒットしない画像検索」でコミュニケーションしました。
検索ボックスに入れている単語はスペルミスをしているのに、どのタイプでも、「お姫様だけ」、「クルマだけ」、「おもちゃだけ」が検索結果として表示されています。

コピーは、“Tablet for kids by Gradiente. The only one with Parental Control.(Gradienteから、子どものためのタブレット。ペアレンタルコントロールがついた唯一のタブレットです。)”

おそらくほとんど製作費がかかってないであろう、アイデアで勝負したシリーズプリント広告でした。

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/print/gradiente_toy?size=original