Case: A few seconds you just can’t skip

大手自動車メーカーのフォードが、南アフリカでドライバーの交通安全意識を高めることを意図して、斬新なYouTubeのプレロール広告を制作しました。

シートベルトを締めることはとても簡単な作業ですが、“この命を守る行為”を面倒がって省いてしまうドライバーが大勢います。「自動車に乗ったら、面倒がらずに必ずシートベルトを締めましょう!」というメッセージを、よくある恐怖訴求ではなく、シートベルトを締めることが如何に簡単な作業なのかを思い起こしてもらうことが狙いの企画です。

今回プレロール広告として、“シートベルトの着用シーン”を描いた動画を出稿。

このシーンはシートベルトを締めるだけなので1,2秒で終わり、すぐさま画面が切り替わって以下のメッセージが表示されました。

A few seconds you just can’t skip
(あなたがスキップすらできないほどの短時間)

5秒足らずの動画なので広告スキップはできないですし、その必要性も感じないほどすぐに終わるというプレロール広告。「シートベルトを着用する時間や手間ってこの程度なんですよ」とユニークな方法で動画視聴者へコミュニケートしています。

YouTubeのプレロール広告は、既定の5秒経過後に即座にスキップされる確率は、一説には94%ほどだといいますが、そんなネットユーザー(普通の人)のインサイトに着目したユニークな仕掛けでした。

今回のケースのような一風変わったYouTube広告に関心のある方は下記もご覧ください。
世界の斬新なYouTube広告(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Ads Of The World
https://adsoftheworld.com/media/online/ford_a_few_seconds_you_just_cant_skip