Case: The last 55

ニュージーランドで実施された、見る人の想像力を働かせるプリント広告をご紹介。
クライアントは、人類が自然と調和して生きられる未来を目指し、約100カ国で活動している環境保全団体であるWWF。

マウイイルカという絶滅危惧種を守ろうというメッセージを呼びかけたビジュアルがこちらです。

グレーと白というマウイイルカの色で描かれた文字ベースのクリエイティブ。
コピーを読むと…

“THERE ARE AS
MANY MAUI’S
DOLPHINS AS
THERE ARE
LETTERS
IN THIS
SENTE_ _ _”
(この文章の文字数と同じぐらいのマウイイルカがいます。)

世界に残されたこの種の少なさを、文章の文字数に置き換えて視覚的に分かりやすく表現しました。ラストが_ _ _となっているのは、「SENTENCE(文)」の最後の3文字「NCE」すら書けないほどの頭数だということですね。

そしておさえのメッセージは…

55という数字は大きい数字ではありません。しかし、それは、世界に残されているマウイイルカの数なのです。THELAST55.CO.NZのサイトを訪れて、この最後の55頭を助けることに手を貸してください。

あえて動物の写真等を入れないビジュアルが、見る人の想像力を働かせるプリント広告でした。

世界各地でWWFが仕掛けた広告に関心のある方は下記もご覧ください。
WWFの“刺さる”広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/print/wwf_the_last_55?size=original