case: Wall Huggers

アメリカでサムスンが実施したちょっと過激なテレビCMをご紹介。

誰もが近年、スマートフォンについて感じているストレス。その最たるものは「バッテリーの持ち時間の短さ」ではないでしょうか?

そんな問題をテーマにしたサムスンの新テレビスポットです。タイトルは“Wall Huggers”(壁にしがみつく人たち)。

充電する為に壁の前から動けない人々の姿で、CMがはじまります。

公共の場で座り込んで充電する人や…

トイレの電源から充電する人。

日本でもよく見られる光景が大げさに描かれていきます。

人の邪魔になっているのに迷惑そうな顔をする人も。
そして、そんな電源から離れられない人々はiPhoneなどサムスンの競合端末を使用しています。このようにダイレクトに他社製品を出してしまうのが海外CMらしいですね。

ここで対称的にサムスンを使う女性。他社のスマホを使う友人が「充電しなきゃ」と言っても…

サムスンを使っている女性はまだまだ充電が持ちそうなので「大丈夫よ」と言います。

最後にはサムスンを使う男性がバッテリーを交換するカット。サムスンなら他のスマートフォンにはできない「バッテリー交換」さえできてしまうことをコミュニケートしています。

ナレーションは、“Don’t be a wall hugger.(壁にしがみつく人になってはいけません。)”

「バッテリーの持ちが良い」という商品特性を全面に押し出した、攻撃的な比較広告でした。

海外ならではの比較広告に関心のある方は下記もご覧ください。
世界のユニークな比較広告(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/tv/samsung_galaxy_s_5_wall_huggers