Case: Sellotape selfie

ブラジルのリオデジャネイロで、IPTRANというNGO団体が実施したプリントキャンペーンをご紹介。

『セロテープ・セルフィー』と題されたこのビジュアルは、実は飲酒運転防止を啓発するためのものでした。

セロテープを顔面に張ることで、いわゆる「変顔」を作って撮影された自撮り写真。コピーを読むと、このビジュアルの本当のメッセージがわかります。

“It’s not funny when it’s forever. Avoid accidents. Don’t drink and drive.”
(これが永遠だったら、面白いことじゃありません。事故を避けましょう。飲酒運転をやめましょう。)

そう、このビジュアルは、単なる「変顔」ではなく「事故に合って変わり果ててしまった顔」を暗に意味したものでした。

インパクトあるビジュアルで見る人を惹き付け、コピーでドキッとさせる巧みなプリント広告でした。

世界中で人気の「セルフィー(自撮り)」をテーマにした事例に関心のある方は下記もご覧ください。
セルフィーをテーマにした広告/プロモーション(まとめ)

飲酒運転の防止を啓発するユニークな広告に関心のある方は下記もご覧ください。
Don’t drink and drive – 飲酒運転防止啓発広告(まとめ)

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/outdoor/iptran_sellotape_selfie_2