Case: Coca-Cola Hello Happiness

ドバイで実施されたコカ・コーラのアウトドア広告をご紹介。

現在、毎日数千ものアジア人が出稼ぎ労働のため、ドバイへと移り住んでいます。彼らは家族を国に残して働きに来ており、その給料は1日あたり6ドル程度。そんな彼らが故郷に電話をするためには1分およそ1ドルものお金がかかり、彼らにとっては大きな出費です。

コカ・コーラはこのポイントに着目し、コーラとともに「幸せな1分間を届けることができないか」と考えました。

そして生み出されたアイディアが、“ボトルキャップが通貨として使える”という電話ボックス。1つのキャップで1分間通話することができるのです。

「ハピネス=幸せ」をアイデンティティとしているコカ・コーラは、“コーラを飲む幸せ”とともに、“家族と話せる幸せ”というハピネスも生み出しました。

これまでにも様々な「ハピネス」をつくりだしてきた同ブランド。次はどういった形で私たちを驚かしてくれるのか楽しみですね。

世界各地で実施されたコカ・コーラのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。
コカ・コーラの秀逸な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=zlA9tXYxD8g