Case: Fat can’t hide

「なんだか最近、ベルトの上にお腹の肉が乗ってきたな…」
30歳を過ぎるとたいていの人が経験をする肥満。そんな肥満をかなりユニークな視点で表現し、笑いと共感を誘うグラフィック広告を制作したフィットネスクラブの広告をご紹介します。

工事現場と思われる場所で、作業員の男性がセメントの袋を抱えています。しかし、よくよく見るとセメントはお腹が垂れた上半身ボディに描かれたもの。

キャッチコピーは…

「Fat can’t hide.(デブは隠せない。)」

形が似ているからといって、カラダにセメント柄を描いても隠せやしません。おとなしくフィットネスに通いましょう、と訴求しています。

シリーズ広告、次のビジュアルでは登場人物は観光客に。

タンクトップの下にウエストポーチを身につけていますが、こちらもよく見ると、ウエストポーチはウエストに描かれたもの。タンクトップからはみ出たお腹の肉をウエストポーチに見立てて、ごまかしています。

3つ目ともなればパターンがすでにお分かりだとは思いますが、今回の男性はビーチで仁王立ち。腰に浮き輪を付けていますが、浮き輪は実はお腹のお肉に描かれています。

浮き輪らしく見せるために、腰のお肉を自分で掴んでいたり、キャッチコピーである「Fat can’t hide.」が男性の後ろに少し隠れようとしながらも、隠れきれていない感じも、広告の趣旨と合っていてとても芸が細かいですね。

全体的に切り口はちょっと皮肉ですが、思わず笑ってしまうユニークな広告。これなら印象にも残りますし、フィットネスクラブのイメージを損なうことなく、ターゲットの共感を誘うことができそうです。

Written by Chiba Yuki

世界のユニークなフィットネスジムの広告に関心のある方は下記もご覧ください。
世界のフィットネス、スポーツジムの斬新な広告14選

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/print/kingdom_of_sports_fat_cant_hide_worker
http://adsoftheworld.com/media/print/kingdom_of_sports_fat_cant_hide_tourist
http://adsoftheworld.com/media/print/kingdom_of_sports_fat_cant_hide_swimmer