Case: Don’t text and drive.

ボリビアのラパスで実施されたシリーズプリント広告をご紹介。クライアントはクライスラー社の四輪駆動車ブランドであるJeep。

「運転中の携帯電話の使用はやめましょう」というメッセージを伝えるべく制作されたクリエイティブがこちら。木篇、自転車篇、老女篇の3シリーズです。

いくつもの文字で埋めつくされたグラフィック。
その唯一の隙間に、タイトルにもなっている木や自転車、老女が描かれています。

コピーは、“The next letter could be the last one.Don’t text and drive.(次の文字が最後かもしれない。運転中のメールはやめましょう。)”

このビジュアルにより、「たまたま今まではメールをしている時に何にもぶつからなかったかもしれない。けれど、次の文字を打った瞬間は、何かに衝突する時かもしれません。」ということを表現しています。

携帯使用時の交通事故というところから、大きくクリエイティブジャンプをした、グラフィカルでスマートなプリント広告でした。

世界各地で実施されたJeepの広告に関心のある方は下記もご覧ください。
Jeepのターゲットインサイトを突いた広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/print/jeep_tree?size=original