Case: The Scarecrow

現在フランスで行われている、世界最大級の広告賞・カンヌライオンズのPR部門でグランプリを受賞したiOSゲームアプリ「The Scarecrow」のPRビデオ。

こちらはメキシカンチェーンレストラン「Chipotle Mexican Grill’s」が制作したもので、以前当サイトでこのゲームのイントロダクション部分にあたるショートアニメをご紹介しています。
本当の食の安全性を問うアニメーションビデオ、米メキシカンフードチェーンが公開

アニメのストーリーは、街の食品工場で働くカカシを主人公にしています。“All Natural”(100%天然)と謳う生産工場の中で、実は成長ホルモン剤を使用して鶏を肥大化させたり、四六時中牛に搾乳機を取り付けて強制的にミルクを絞り出していたことを知ったカカシはショックを受けます。

失意のどん底で帰路に就くカカシ。しかし家に帰り、庭で育てた瑞々しいトウガラシを目にすると希望を取り戻し、自ら育てた無農薬の野菜を使って本当に安心・安全なブリトーを作り、人々に届けることを決意する…という内容。

ゲームはこのストーリーの流れを受けて、カカシが新鮮な食材や食べ物を街の人々に届けるために、様々なミッションをクリアしながら進んでいく、というアドベンチャーゲームになっています。

大人から子供まで楽しむことができ、さらに持続可能な食と農産業について考えるきっかけとなるこのゲーム。

私たち消費者と、生産者の間の立場にあるレストランがこのような問題提起をすることに、大きな意義があるのではないかと思いました。

アプリのダウンロードはコチラから。

動画はコチラ

参考サイト

PR WEEK
http://www.prweek.com/article/1299033/edelman-picks-cannes-grand-prix-chipotle-scarecrow-campaign