Case: Blocked content

ベルギーのブリュッセル航空はパリ行きの格安航空券をプロモートするために、これまでに例のない“場所”にバナー広告を設置することで、航空券予約画面へのクリックスルーレート(CTR)を大幅に向上させることに成功しました。

ブリュッセル航空のターゲット客は、主にベルギー南部に居住するフランス語を公用語とする人々。この内、実に40%がベルギーで放送されている仏語放送より、フランス国内で放送されている番組を視聴しているといいます。

お気に入りの番組を見逃してしまった時は、後日インターネットで再視聴できますが、これはフランス国内に居住していればの話。ベルギーからアクセスすると、「このコンテンツは貴国では視聴できません。」とのメッセージが表示され、観ることができないのです。

これに目をつけたのが、今回の施策。
下記のように、『閲覧がブロックされているコンテンツ』にバナー広告を貼り付け、見逃してしまった番組を観たくて仕方ない人に「ベルギーで再視聴できないのなら、フランスに行って観ようよ!」と声掛けをしたのです。

続いて表示される「フランス行きのチケットは79ユーロから」というメッセージをクリックすると、ブリュッセル航空の航空券予約購入画面に遷移します。

このバナー広告から航空券予約購入画面へのCTRは何と14.58%に達し、これは通常のバナー広告に比べてほぼ100倍の成果だといいます。

CVR(コンバージョンレート)がどの程度だったかは定かではありませんが、見事インサイトを突いてターゲットにアプローチすることに成功した常識にとらわれないバナーキャンペーンでした。

世界のユニークなバナー広告に関心のある方は下記もご覧ください。
その手があったか!! 発想が参考になる世界のバナー広告10選

動画はコチラ

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/online/brussels_airlines_blocked_content