Case: Durex RealFeel Touch

世界最大のコンドームメーカー・Durexは、“まるで肌と肌がリアルに触れ合っているかのような肌触り”を実現したという新作コンドーム「RealFeel」を発売するにあたり、マレーシアで、ユーザー自身がプロモーションフィルムの主人公になって、登場人物と“リアルに触れあうことができる”体験型ムービーを公開しました。

動画は、男女が出会い、そして結ばれるまでを描いています。スマートフォンなどタッチ操作ができる端末向けに開発されたもので、随所で“触れる”ことで物語を進めることができます。

出会いの場所はエレベーター。下記はプロモーションフィルムのワンシーン。エレーベーターで偶然にも同じ行き先の階を押すことで、互いの指が触れ合います。

これを、体験型ムービーで味わうことができます。画面表示通り行先階のボタンを“タッチ”すると、同時に動画の中の女性も同じ階を押し、二人の手が触れます。

カップを握る女性の手に触れることで、二人は急接近。恋に落ちます。

キャミソールを脱がし、首元を愛撫することもできます。

そして、プロモーションフィルム同様、二人がコンドームに手を伸ばしたところで映像は終わります。

体験型フィルムは大きな注目を集めることに成功し、提供からわずか3日間で7万5千本の指が“タッチ”されたといいます。マレーシアでのDurexのFacebook公式ページは動画提供以後、人気度が30%増加しました。

“リアルなタッチ体験ができる”インタラクティブな動画を通じて、新作コンドームの“肌と肌が直に触れ合っているかのような超リアルな肌触り”を訴求するという斬新な企画。Durexらしい茶目っ気のあるキャンペーンでした。

世界最大のコンドームブランド・Durexの広告に関心のある方は下記もご覧ください。
Durexのウィットに富んだ広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/online/durex_realfeel_touch