Case: Social Effort Scale

“つけるだけでモテモテになる”、いわゆる「AXE Effect」というキャッチコピーで世界的に有名な男性用香水ブランドAXEは、新しく発売したスタイリング剤「AXE Matte Effect」のプロモーションの一環として、SNSを用いたユニークな診断ツールを開発しました。

“最低限のがんばりで最高の髪型を作り上げる“という新スタイリング剤「AXE Matte Effect」と同様、ソーシャルメディアで最高に魅力的で“モテ度マックス”の投稿を実現するには、「ただやみくもに投稿数を重ねればいいのでばなく、最低限の投稿数を保つこと」が最大のコツだと同社はいいます。

AXEは、そんなSNSの状況とユーザーインサイトに着目し、ソーシャルメディアでの投稿状況が、“やりすぎなのか、足りないのか、ちょうどいいのか”を即座に分析し、投稿状況の“モテ度”を診断するツール、その名も「Social Effort Scale」(やりすぎ度診断ツール)を開発しました。

まずは、診断サイト「Social Effort Scale」にアクセスし、生まれ年を選択し、規約に同意すると、診断ページに進むことができます。

診断できるのは、Twitter、facebook、Instagramの3メディア。それぞれのアカウントにログインすると診断開始です。

男性の間で特に投稿数が多いハッシュタグは、#SELFIE(セルフィー)、#ABS(腹筋)、#NEWHAIR(新しい髪型)などなどで、これらのハッシュタグを用いて実に一週間で数百万件もの投稿がアップされるといいます。

全体の投稿数を鑑みて、自身の投稿数や投稿頻度を独自のデータを基に分析し、-500から+500までの数字でやりすぎ度の診断結果を表示してくれます。

AXEによると、+150が最も適度な投稿状態を表す数字だといい、つまり最も“モテ度”が期待できる魅力的な投稿であるといえます。

+150を超えた人は、“投稿しすぎ、やりすぎ”とのことで、逆に10人中9人の女性はひいてしまうとか。+150未満の人は投稿努力が足りないということになります。

自分のアカウントの他、それぞれのメディアで友達になっている人を診断することもできます。

スタイリングも投稿もやりすぎは効果なし!?ほどよいラインを教えてくれるユニークなツールでした。

世界各国でAXEが実施したユニークなプロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。
AXEの笑って、セクシーで、感心させられるプロモーション15選

動画はコチラ

参考サイト

Digital Buzz Blog
http://www.digitalbuzzblog.com/axe-measure-your-friends-social-effect-scale/