Case: Happy Beep

様々な施策を通じてHappinessのシェアを体現するコカ・コーラ。今回はブラジルで、まさにコカ・コーラを購入する瞬間に笑顔をもたらすレジ企画、その名も“Happy Beep”(幸せをもたらすビープ音)を実施しました。

舞台となったのは、ブラジルのとあるスーパーマーケットチェーン。

普通の商品をレジのバーコードリーダーにかざすと、「ピッ」という音がなりますが、コカ・コーラを通した時にだけ、この「ピッ」という音を、コカ・コーラのCMでお馴染みの音「ミ・ド・レ・ミ・ド」というサウンドに変えたのです。

コカ・コーラをかごに入れ、まさに買おうとしているお客さんは、「ピッ」ではなくコーラのサウンドを聴いて、驚くとともに、皆自然と笑みがこぼれます。

コーラを口にした時ではなく、コーラを“手にした瞬間”にHappinessをもたらした斬新なキャンペーン。ブランドイメージが浸透しているからこそ、それをより強固にするために為し得る施策ですね。

世界各地で実施されたコカ・コーラのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。

コカ・コーラの秀逸な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Adeevee
http://www.adeevee.com/2014/05/coca-cola-happy-beep-media/