Case: Happiness Arcade

様々な施策を通じてHappinessのシェアを体現するコカ・コーラ。今回はリサイクル問題が急務となっているバングラデシュの首都ダッカで、リサイクルに対する市民の意識向上に貢献する取り組みを行いました。

バングラデシュ中央部に位置するダッカの人口は国内最大の1500万人にも上ります。リサイクルに対する意識が確立されていない同市では、ペットボトルがゴミの山を形成していて、環境は着実に悪化しています。

「もしリサイクルが楽しいものだったら、人々のリサイクルに臨む意識は変わるのでは?」

そんな仮説をもとに、コカ・コーラは空きボトルをリサイクル用に回収するための施策として、“リサイクルが楽しくなるゲームマシーン”を開発し、市内6か所に6日間設置しました。

一見、普通のゲームマシーンですが、このゲームマシーンを起動するために挿入するのはコインではなく“空きボトル”。ゲームをするためには、空のペットボトルを持ってこなければならないという仕組みになっており、ゲームを餌にペットボトルを回収しようという目論見です。

狙い通り、ゲーム目当てに空ボトルを手にした多くの人が集まり長蛇の列ができました。

6日間で数千本ものペットボトルの回収に成功したという本施策。

ただリサイクルを呼びかけるのではなく、空きボトル一本一本にリサイクルすることへの“楽しさ”を付加した斬新なキャンペーンでした。

世界各地で実施されたコカ・コーラのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。

コカ・コーラの秀逸な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/coca-cola/happiness-arcade