Case: NISSAN DEVELOPS FIRST ‘SELF-CLEANING’ CAR PROTOTYPE

日産自動車は、泥や汚れをものともせず、洗車いらずの車体を実現するという驚異的なコーティングを開発し、その夢のようなコーティングを塗布した「ノート」によるテストドライブ映像をYouTubeに公開して話題を呼んでいます。

同社が開発した疎水性、疎油性のコーティング剤は、雨、泥、ほこり等通常の走行時に付着し車体の汚れの原因となるものを、玉のように弾いてしまうというもの。結果として、ボディーの洗車が不要になることから、このコーティングを塗布すれば、『世界初のセルフクリーニングカー』を手に入れることができるといいます。

日産「ノート」によるテスト走行では、コーティングの効果が一目で確認できるようにするために、車体の半分にだけコーティングを施します。

あとは、汚れが飛び散りそうな車道を駆け抜けるだけ。

違いは、一目瞭然です。コーティングが塗布されていない部分は、泥汚れが付着していくのに対して、コーティングが塗布されている部分は、汚れが玉となって弾き飛ばされている様子がわかります。

テスト走行を終えた「ノート」はこんな感じ。コーティング剤が塗布されていない車体下部、タイヤ、フロントガラスといった部分は水洗いが必要となりますが、ボディーには汚れがほとんど付着しておらず洗車をする必要がないことが明らかです。

本コーティングはまだテスト段階にあり、また標準装備としての導入は検討されていないとのことですが、反響次第では近い将来オプションとして登場するかもしれません。

YouTubeに投稿された動画は、公開1週間で320万回以上再生されています。驚きの効果をぜひ下記動画よりご覧ください。

動画はコチラ

世界各地で実施された日産自動車の広告に関心のある方は下記もご覧ください。

日産自動車のユニークな広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

Adweek
http://www.adweek.com/adfreak/lazy-half-internet-now-obsessed-nissans-self-cleaning-car-157350