Case: Flat or Not

KLMオランダ航空が新しくビジネスクラスに導入するフルフラットシートのプロモーションで、空港の待合ロビーでビジネスクラスのチケットが当たるドッキリ企画を実施しました。

その名も“Flat or Not”(フラットになっちゃう?ならない?)

一見普通の待合ロビーですが、実は3列シートの真ん中がフルフラットシートになっており、遠隔操作で徐々にリクライニングする仕掛けが施されています。

何も知らずたまたまそこに座った人を、5台の隠しカメラで撮影します。座席が徐々に倒れ、最終的にフルフラット状態になっても、驚いてその場を立ち去ることなく、シートに身を任せてリラックスすることができた最初の人に、ビジネスクラスのペアチケットが贈られるというもの。

多くの人が隠れフルフラットシートに座りますが、座席がリクライニングし始めると、皆不信に思い席を立ちます。

ロビーにいる大勢の人の目も気にせず、リクライニングする座席に身を任せ、見事フルフラットシートに横たわったのはこの女性。

KLM航空のキャンペーンスタッフが駆け寄り、ビジネスクラスのチケットがプレゼントされました。

キャンペーン専用ページでは、待合ロビーで撮影した乗客の様子を用いたオンラインゲームが提供されており、ゲームのスコアを申告するとビジネスクラスのチケットが当たるというプレゼントキャンペーンも実施しています。

ゲームは、全3問の選択方式で、フルフラットシートに腰かけた人が果たして席を立ってしまうのか?そのままフルフラットまで身を任せるのか?画面上の二人のうちどちらがフルフラット状態まで行けるか?などを当てるというもの。

フルフラットシートを受け入れることができた人こそビジネスクラスに相応しく、ビジネスクラスのチケットをプレゼントしようというドッキリ企画でした。

世界各地でKLMオランダ航空が手掛けた事例に関心のある方は下記もご覧ください。

KLMオランダ航空のインサイトを突いた広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/online/klm_world_business_class_flat_or_not