Case: SMS

ブラジルで実施された、スマートフォンのインターフェイスを使ったシリーズプリント広告をご紹介。

アメリカの自動車ブランドであるFordが、運転中の携帯使用を止めることを啓蒙すべく制作したクリエイティブです。全3種類。

・disabled(障害者)篇

・kid(子ども)篇

・bike(自転車)篇

消費者が見慣れたiPhoneのキーボードを使って表現しました。それぞれの絵柄の頭文字を押した時に、そのアルファベットではなくアイコンがでてきています。

コピーは、“You can hit more than a key when you text and drive.(運転中にテキストメッセージをしていると、あなたはキー以上のものを打ってしまうかもしれない。)”

英語のhitには、キーボード等を「打つ」という意味と、クルマで人に「ぶつかる」という意味があります。このダブルミーニングを上手くつかったコピーワーク。シンプルなデザインとコピーで描かれた、fordの啓蒙広告でした。

世界各国で実施されたフォードの広告に関心のある方は下記もご覧ください。
フォードのユニークな広告/プロモーション(まとめ)

スマートフォンのインターフェイスに着想を得た広告に関心のある方は下記もご覧ください。
スマホのインターフェイスを活かした秀逸な広告(まとめ)

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/print/ford_sms_2?size=original