広告・マーケティング関連のニュースやコラムの中から、今日読むべき情報を厳選してお届け!


ほめて交通事故を減らす活動、GW中に銀座で実施(AdverTimes)

放送作家の小山薫堂氏や首都高速道路会社などが取り組む「東京スマートドライバー」プロジェクトの一環で、大型連休中の5月5日、交通事故削減に向けた意識啓発活動を東京・銀座で行う。

「脅威にさらされています」PC警告、広告かも 相談増(朝日新聞 DIGITAL)

「あなたのパソコンは脅威にさらされています」といった警告表示が画面に突然現れる。クリックするとセキュリティーソフトの販売画面になり、思わず購入してしまった――。全国の消費生活センターにそんな相談が急増している。国民生活センターは「警告は実は単なる広告であることが多い。

企業を歌でPR!沖縄「広告バンド」の楽曲と動画がシュール(エンタメウス)

レスポンシブだけが答えではない、Redboxの事例と調査結果に見るスマートフォンサイトとアプリ最適化(MarkeZine)

広告効果で表彰する「アジア太平洋エフィー賞」初回でI&S BBDOが金賞(AdverTimes)

グノシーはテレビCMに10億円つかっていた。(ONETOPI)

フリマアプリの利用率トップ3は「Frill」「メルカリ」「LINE MALL」【ジャストシステム調査】(MarkeZine)

「TCC賞」はソフトバンクモバイルに 広告コピーの優秀作品を選出(ファインドスター広告ニュース)

強いロゴを作るために必要不可欠な4つのルール(Gigazine)