Case: Fangotherapy

アルゼンチンのブエノスアイレスで実施されたJeepのシリーズプリント広告をご紹介。

クライスラー社の有名四駆ブランドであるJeepは、その「アウトドア、オフロード」訴求なブランディングでよく知られています。そんな彼らが今回も、「ザ・オフロード」なトンマナの広告を制作しました。その驚きのビジュアルがこちらです。

顔に泥パックのように、本物の泥をぬりたくられた男性達のポートレイト。

もちろんクルマは影一つ身当たりません。あるのは左下にレイアウトされたロゴと“FANGOTHERAPY(温泉泥療法)”というワンワードのコピーだけ。

このビジュアルにより、「女性がパックをするように、ジープに乗車してオフロードへと出かけるのは男にとっての泥パックだ」という熱いメッセージをコミュニケートしています。

「単純におもしろい、気になる」という入り口から見る人の心を掴み、ブランドの哲学を語る(伝える)手法ですね。商品をまったく見せないユニークなブランド広告でした。

世界各地で実施されたJeepの広告に関心のある方は下記もご覧ください。
Jeepのターゲットインサイトを突いた広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/print/jeep_fangotherapy_1