Case: The Listening Effect

イタリアの人気携帯アクセサリブランド・Cellularlineは、街の中心部に数百人もの人を集め、「リスニング効果を検証する」ための大掛かりなフラッシュモブを実施しました。

とある広場に結集したのは、audiotrackをダウンロードし、音声を聴く準備が整っている大勢の人々。

そして、午後5時、集まった人々は一斉に再生ボタンを押し、それぞれのヘッドフォンやイヤホンで音声を聴きます。

数百人もの人々に話しかけるのは、スティーブと名乗る男性。スティーブのゴーサインで一斉に拍手をしたり…

突然動きを止めて凍ったり、はたまた、鬼ごっこを始めたりします。

周りに居合わせた人は、唐突な動きを見せる人々に戸惑いの表情を浮かべたり、目の前のパフォーマンスを楽しんだりしています。

最後は、群衆が二手に分かれて風船バトルをし、思い思いに倒れておしまいという企画でした。

同社は、実際に音声を聴いている間はもちろんのこと、リスニング効果は、音声が終了した後でも続き、聴くものによって体験したことの感じ方が変わり、音声は経験そのものを変える力があるといいます。

最高の聴覚体験を届けるという同社のオーディオ製品。広場で繰り広げられたフラッシュモブの一部始終をぜひご覧ください。

動画はコチラ

参考サイト

Adeevee
http://www.adeevee.com/2014/04/cellularline-audio-accessories-the-listening-effect-online/