Case: Finger safety

安全性に定評のある自動車ブランド・ボルボが、イスラエルで実施したデジタル施策。

iPadで画面をスワイプしていくと、住宅地の道路を背景に「スクリーンのこの辺りに指をおいてみて」というメッセージが表示されます。

言われた通りその位置に指を置いてみると…

画面右側から自動車が走行してきますが、指の直前でピタリと停止します。

そして画面にはメッセージが。“City safety by volvo. Collision avoidance technology(衝突回避テクノロジー)”。

“ボルボの衝突回避テクノロジーが如何に有効なのか”を、iPadを活用した簡単なアトラクションを通じて端的に訴求しています。

ちなみに、スクリーンのどんな位置に指を置いてみても、左右からきた車は直前でストップするように設計されているそうです。ユーザーの「指」を、突如自動車の前に現れる歩行者に見立てたわかりやすい企画でした。

ボルボのユニークな広告に関心のある方は下記もご覧ください。

ボルボのセンス溢れる広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=-QcRoOi9hzw