Case: Unbelievable Bus Shelter

カロリーゼロのペプシマックス。砂糖不使用にもかかわらず、味は従来のペプシ同様だという“アンビリーバボー”な商品を訴求するために、ロンドン市内にAR技術を駆使して制作したバス停を設置し、街ゆく人に“アンビリーバボー”なドッキリを仕掛けました。

ドッキリの舞台となるバス停は、ロンドンのNew Oxfordストリート。一見、何の変哲もないバス停ですが、バス停側面のガラスに仕掛けが施されていて、AR技術を用いて非現実世界を映し出せるようになっています。

バス待ちをしている女性が、バス停のガラス越しに見たもの。
それは、なんと隕石が落下する瞬間。女性はあまりにも驚き固まってしまいます。

他にも、巨大タコ生物がマンホールのふたを押し上げて出現し、人をさらっていくもの。

UFOが飛来する様子や、多くの風船を持って空から降りてくる人。

ロボットが街を攻撃したり、トラが突進してくるものもあります。

AR技術を駆使したドッキリだと気づくまで、居合わせた人は驚き、中には本気で逃げようとする人もいました。

ロンドンっ子に仕掛けられた信じられないドッキリ。ぜひ動画をご覧ください。

動画はコチラ

世界各地で実施されたペプシのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。

ペプシの愉快な広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/pepsi/unbelievable-bus-shelter