Case: Incense Smoker

ドイツのベルリンで、ドイツ癌基金という名の非政府組織が仕掛けたサンプリング事例をご紹介。

「incense smoker(パイプ人形)」とは、ドイツではクリスマスに定番で使われるチャーミングなお香立て。本来は体の中にお香を入れると“口から煙が出る”仕組みになっています。

この団体はこのパイプ人形をほんの少し変えることで、癌のメッセージを伝える装置へと変えてしまいました。

口の代わりに「のど」に穴のあいたパイプ人形を制作し、サンプリングしました。台座に書かれたコピーは、“Smoking harms your health!(喫煙はあなたの健康を害します!)”。

これを配る事で「喫煙は喉頭がんを引き起こします」ということを訴求しました。シリアスな内容を、説教臭くなく、かわいい日常にあるものを通じて巧みにコミュニケートしたアイディアDMでした。

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/dm/german_cancer_aid_incense_smoker?size=original
krebshilfe
http://www.krebshilfe.de/metanavigation/english.html?L=0tx_ttnews_e