Case: Moments of Warmth

米大手乾電池メーカーのDuracellが、大寒波が襲い厳しい冬を余儀なくされているカナダのモントリオールにユニークなバス停を設置しました。

Duracellの乾電池型の屋根が施されたバス停。
外側には“A moment of warmth powered by you”(あなたがチャージする温もりのひと時)と書かれています。

中に入ると両側の壁にそれぞれプラスとマイナスを模ったプレートに手のマークが描かれています。

左右の壁にそれぞれ手を触れ、まるで“人間乾電池”をセットするかのごとく、手をつないだ人と人で壁から壁まで結んだ時、バス停内の暖房にスイッチが入るという仕組みでした。

「誰かと繋がらないと暖かくならない」というコンセプトが素敵ですね。

今回のPRの模様を収めた動画では、『カナダには寒い冬が訪れますが、体も心も温められる“人のぬくもり”があります』とのメッセージで締めくくられています。とってもユニークな乾電池会社のブランディング施策でした。

「バス停」を活用した世界のユニークな広告に関心のある方は下記もご覧ください。

世界のユニークなバス停広告23選

動画はコチラ

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/ambient/duracell_moments_of_warmth