Case: Bonsucesso TravelCash Card

クレジットカードは、カタチがないサービスなのでイメージ広告になることが多いのですが、今回ご紹介するのはサービスが具現化する価値をシチュエーション別に広告にしたもの。

一見するとクレジットカードの広告には見えないちょっとユニークなアプローチです。

まるでWeb上の翻訳ページのような広告ビジュアル。よくよく見るとこんな会話が繰り広げられています。

イタリアで…

「グラディエーターと一緒に写真撮ってもらえませんか?」
「5ユーロです」

場所はコロッセウムでしょうか。
旅行でありそうなシチュエーションを元に、言語ではなく、その国のお金の単位に変換してくれています。

そして、その通貨に対応しているクレジットカードはBonsucesso、と商品・サービスへと落とし込んでいるんですね。

その他にも、インドを舞台に…

「下痢の薬をください」
「110ルピーです」

タイでは…

「卓球のショーが見たい」
「1500バーツです」

さらに日本では…

「ヤクザ入れ墨を除去したいのですが・・・」
「50000円です」

などあるあるネタからユニークなネタまで様々な状況を描いて広告にしています。

それにしても、“ヤクザ入れ墨”って・・・日本は国際的に見てそういうイメージが根強いんですかね。

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/print/bonsucesso_travelcash_card_italy?size=original