Case: Make your hair come alive

スウェーデンのヘアケアブランド「Apotek」による、一風変わった広告をご紹介。

ストックホルム市内の地下鉄のホームに設置されたスクリーンには、髪の長い女性の映像が映し出されています。

このスクリーンにはセンサーが組み込まれており、電車が駅に近づいてくるタイミングを、振動によって感知。電車がホームに進入する際に風が起こるのと同時に、画面の中の女性の髪が舞い上がります。

Apotekの製品を使用すれば、“風で乱れてもなお美しい、健やかで弾むような髪を手に入れることができますよ。すぐに髪がまとまりますよ”ということをユニークな手法でアピールしています。

地下鉄の“あるあるネタ”を、テクノロジーを活用することにより斬新な広告へと昇華したケースでした。

動画はコチラ

Apotek Hjärtat – Blowing in The Wind from Ourwork on Vimeo.

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/apotek/make-your-hair-come-alive