Case: Forget

Reebokが「Skyscape」という履き心地が売りのシューズを訴求するするために、ニューヨークで制作したテレビCMをご紹介。

フィットネスから帰宅するミランダ・カー。

髪をほどき、

服を脱ぎながら上の階へ。

すべて脱ぎ去りシャワールームへ。

シャワーを浴びていると、

なにかに気がつきます。

そう、間違えて靴を履いたままシャワーを浴びていたのです。

ボイスオーバーで展開されるコピーは、“REEBOK SKYSCAPE. SO COMFORTABLE. YOU FORGET YOU HAD THEM ON.(リーボック、スカイスケープ。履いていることを忘れてしまう履き心地)”。

「履いていることを忘れてしまうほどの気持ちよい履き心地」というワンメッセージに絞って、スタイリッシュなトンマナで描ききった映像作品でした。

動画はコチラ

参考サイト

YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=GMd8WEMlWvw