Case: Oreo Life raft

以前にご紹介したオレオの「Whisper Fight」というCMもそうですが、オレオは「クッキー派」か「クリーム派」かという切り口でいくつもの広告を展開しています。

本日ご紹介するCMも、同様の切り口にも関わらず、また別のユーモアたっぷりの笑いを誘うCMとなっています。

大海原を漂う1艇のゴムボート。どうやら2人の男が遭難しているようです。

おもむろに、1人の男が何かを食べるジェスチャーを始めました。

それを見てもう1人の男が尋ねます。
「何してるんだ?」

「オレオのクリームの部分を食べてるんだよ」

「やめろよ、いちばんいいところをムダにしてるじゃないか!」

「クリームの部分がベストパートさ」。そう言ってクッキー部分を捨てるジェスチャーをするクリーム派の男。

その行為に対して、クッキー派の男は何かを書くジェスチャーをします。
「ん、何してるんだ?」

「お前(の裁判所へ)の召喚状を書いているんだよ」

「上等だ、それならおれは亡命するさ」
そう言って、クリーム派の男が何かを掴む仕草をすると…

本当にヘリコプターの縄はしごか何かに掴まっているかのように、空中へと体が浮き始めます。

「おお・・・いかないでおくれよ・・・」
寂しそうに訴えるクッキー派の男。

しかし、「もう遅いよ、スティーブ、もう遅い」。クリーム派の男はそのまま空へと舞い上がっていってしまいました。

海での遭難とオレオがいったい何の関係があるのかは謎のままですが(笑)、ひとつのドラマを見ているかのように楽しませてくれるCM。

期待を裏切らないユニークなストーリー展開は、オレオへの好感度アップを果たすのに、十分な力を発揮していると思います。
世界各地で実施されたオレオの広告に関心のある方は下記もご覧ください。

オレオのウィットに富んだ広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

YouTube
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=jQ2ZOmsDUUQ