Case: Fashion storm

エストニアのタリンで制作されたアパレルストアのプリント広告。
ファッション関連の広告ということで、ロジックよりも感性に訴える表現にご注目。

コンセプトは、“Fashion Storm”。

Storm(嵐)を表現するために、モデルの顔に強風をあてて表情を変化させました。言葉よりもトーンや全体の雰囲気でブランドをコミュニケーションするファッション広告らしい表現。

印象的なビジュアルはロジックを超えてユーザーに届くことを証明してくれるようなプリント広告でした。

男性バージョンはコチラ。

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/print/viru_keskus_fashion_storm_guy?size=original