Case: Interactive pizza box with exclusive content

Xbox Oneのレーシングゲームソフト「Forza Motorsport 5」と宅配ピザチェーンの「ビザハット」、この全く異なる業種の会社がタッグを組んでAR(拡張現実)アプリ「blippAR」を用いたプロモーションをイギリスで展開して話題となっています。

こちらの女性が注文した、ピザハットの宅配ピザ。箱にはマイクロソフトの新型ビデオゲーム機「Xbox One」でプレイするレーシングゲーム「Forza Motorsport 5」のデザインが印刷されています。

おもむろに女性がスマートフォンを取り出し、「blippAR」アプリを起動してピザの箱の上にかざします。すると、箱に描かれている車の絵が突然リアリティを帯び、スマホの画面の中で動き出します。

この「blippAR」とはAR(拡張現実)技術を用いたマーケティングツールで、アプリをダウンロードし、対象の画像やポスター、商品にかざすだけで、動画配信やwebサイトへの連動ができるというもの。

先ほどの「Forza Motorsport 5」のコンテンツにもARが活用されており、ユーザーはblippARを通してゲームの予告映像を視聴したり、またフェイスブックやツイッターなどのSNSで共有できたりと、1つの画面上で様々なエンターテイメントを提供しています。

各国の大手企業の広告に採用されるなど、新しい販売促進ツールとして熱い注目を集めるAR。今後さらなる発展が期待されます。

「blippAR」を用いたプロモーション、当サイトで以前にもご紹介していますので、ご興味のある方はこちらもご覧ください。
看板広告やウィスキーボトルがゲームに!? シューティングゲームが楽しめるARプロモーション
世界初の“お菓子のパッケージ”を使ったARゲーム

世界各地で実施されたピザハットのユニークな広告に関心のある方は下記もご覧ください。
ピザハットの斬新な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

PSFK
http://www.psfk.com/2014/01/pizza-hut-augmeneted-reality-box.html#!r95qT