Case: Banned from Facebook

ユニークなプロモーションでお馴染みのバーガーキングが、ノルウェーで仕掛けた最新キャンペーン。

Facebookを「いいね!」しているファンのうち、クーポンや無料サンプル等の特典目当てで「いいね!」をしている“偽物のファン”をFacebookページから削除し、“真のファン”だけのページを構築するという大胆な試みを行いました。

その名も、“Whopper Sellout”(ワッパーの裏切者)キャンペーン。

バーガーキングの「ワッパー」と言えばバーガーキングの代名詞的商品ですが、心の底からワッパーが好きな人もいれば、バーガーならなんでもよく、ワッパーでもマクドナルドのビッグマックでもどちらでもいいという人も多いはず。

同社は、今回そんなインサイトに着目して“Whopper Sellout”キャンペーンというサイトを開設し、“偽物のファン”を暴くために、ファンに「究極の2択」を投げかけました。

「究極の2択」とは、ずばり“私は真のファンです”または、“私は裏切者です”の2択。

“真のファン”を選択すると、新たに制作されるFacebookの公式ファンページに登録することができ、引き続きFacebook上でバーガーキングファンであり続けることができます。

一方“裏切者”を選択すると、マクドナルドのビッグマックの無料クーポンがもらえますが、Facebook上のバーガーキングの公式ページからは永遠に削除されてしまいます。

“裏切者”には、無料クーポンとともに、バーガーキングからの“お別れのレター”が送付されました。

このキャンペーンの結果、1,000枚用意したビッグマックの無料クーポンは一週間でなくなり、キャンペーン実施前は38,000人いたFacebookページのファンは8,000人あまりにまで減少したとか。

バーガーキングは、ファンは激減したけれど、“真のファン”だけに絞ることに成功し、ブランド忠誠心は5倍に向上したといいます。

あなたがFacebookで「いいね!」しているブランドから、もしこんなオファーがあったらどちらを選択しますか?

バーガーキングの斬新な広告に関心のある方は下記もご覧ください。

バーガーキングの凄い広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/social-media/burger-king-banned-from-facebook/