Case: Banknote scan

世界中で愛されている、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)。インド最大の都市・ムンバイでも高い人気を得ていますが、その美味しさの評判のあまり、“値段がとても高い”というイメージを持っている人が多いのだそうです。

そんな誤解を解き、もっと気軽に来店してもらおうと考えた同社は「KFC WOW@25 CAMPAIGN」と名付けたキャンペーンを実施。KFCの主力メニューを一律25インドルピー(=約42円)に設定しました。

さらに「KFC WOW@25 CAMPAIGN – AN AUGMENTED REALITY APP」というアプリを開発。

iOS、androidでリリースされた同アプリは、インドの紙幣(20ルピー、50ルピー、100ルピー、500ルピー、1,000ルピー)をスマートフォンで撮影すると、読み取った紙幣の画像の上に、その値段で買えるKFCのメニューが表示されるというものです。

これなら「KFCは高い」という先入観を持っている人にも、『100ルピー紙幣が1枚あれば、これだけのものが買えますよ』といった具合に、一目で分かりますね。

このアプリは35,000回以上もダウンロードされ、App storeのフードカテゴリで1位を獲得。雑誌やインターネット上のメディアで取り上げられるなど、大きな注目を集めることに成功しました。

『美味しいものを、手ごろな値段で』という、ファーストフードの原点ともいえるアピールポイントを視覚的に表現した、巧みな手法ですね。

動画はコチラ

KFC WOW@25 CAMPAIGN – AN AUGMENTED REALITY APP from Blink Solution on Vimeo.

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/mobile/kfc-banknote-scan/