Case: Pepper

ドイツのフランクフルトで制作された日本でもおなじみのポテトチップスブランド“プリングルス”の広告。

この商品の唐辛子味を訴求するべく作られたクリエイティブです。

大きくプリントされた二つに割られた赤唐辛子。そして中からでてきた“唐辛子の種”が、“プリングルスのチップス”になっているという表現。

「辛い!」というワンメッセージだけに絞り、まっすぐ表現しているからこそ、その商品特性が感覚的に伝わってきます。

どんなにたくさん、その商品の言いたい所があったとしても、ワンメッセージに絞る事がどれだけ大切かを教えてくれるプリント広告でした。

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/print/pringles_hot_spicy_pepper?size=original