Case: OREO Whisper Fight

オレオの広告と言えば、幾度となく“「クリーム」と「クッキー」どちらが好きか?”、という切り口でユニークな表現を試みてきました。

今回ご紹介する広告も同じアプローチなのですが、そのエスカレート具合がかなり激しく、笑いを誘います。

図書館でそれぞれ作業をする男性2人。
片方の男性がおもむろに「オレオのクリームの部分が好きなんだよね」と話しかけるところからCMは始まります。

「一番美味しいのはクッキーの部分に決まっているだろ!」と口論が始まり、机をひっくり返すもう1人の男性。

クリーム派とクッキー派の戦いは徐々に周りの人々にも飛び火し、男性にイスで殴り掛かる女性や…

図書館の本棚をなぎ倒す男性…

取っ組み合いを始めて2階から飛び降りる男性たちまで。

さらには、騒ぎを聞きつけて消防士や警察官まで出動してくるのですが、なぜかみんな口にするのはクリーム派かクッキー派かというセリフばかり。しかも図書館という場所を踏まえてか、乱闘は激しいのに小声で主張し合っているところが何とも滑稽です。

実はこのCM、アメリカで絶大な視聴率を誇る「スーパーボウル」のテレビ中継のときに流されたもの。

さまざまなブランドがこの枠で話題性のあるCMを流すことで、知名度や好感度を上げることに成功しています。

このオレオのCMも最大級の国際広告祭のひとつ「カンヌライオンズ」で銀賞を受賞しました。
世界各地で実施されたオレオの広告に関心のある方は下記もご覧ください。

オレオのウィットに富んだ広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/tv/oreo_whisper_fight