Case: Hides Its Logo

先日「インテル入ってる」のキャッチコピーでお馴染みの半導体メーカー・Intelが、スペインの強豪フットボールクラブ・FCバルセロナとパートナー契約を締結しましたが、Intelの企業ロゴがプリントされている“場所”が斬新で注目を集めています。

なんと、ユニフォームの裾をめくった“裏地”にプリントされています。

Intelは、PC同様、サッカー選手も“内側”にあるものが大切であるといいます。“内側”に秘める強い責任感や情熱こそがチームを勝利へと導きます。

そんな選手の“内側”をサポートする意味も込めて、あえて“内側”にプリントした企業ロゴがお目見えする時、それは選手や観客がもっとも熱狂するゴールの瞬間。

ゴールを決めた選手が、ユニフォームの裾を捲りあげて雄たけびをあげているシーンを一度は見たことがありますよね。

Intelが締結したのは5年間2500万ドルのパートナー契約。

早速ハッシュタグ#LookInsideFCBを立ち上げ、公式テクノロジー・パートナーとして、最新技術を通して世界中のファンとの交流を促進し、世界一テクノロジーが進んだサッカークラブとなるようサポートしていくといいます。

ブランドメッセージとリンクしたユニークなメディアの使い方。ゴールの瞬間、Intelロゴがチラ見するのが待ち遠しいですね。

動画はコチラ

参考サイト

Intel
http://newsroom.intel.com/community/intel_newsroom/blog/2013/12/12/intel-inside-fc-barcelona