Case: Christmas miracle

カナダのLCCの代表格であるWestJet航空が、乗客たちに感動のクリスマスサプライズを提供して、話題になっています。

サプライズを体験したのは、トロント・ピアソン国際空港とハミルトン・ジョン・C.マンロ国際空港からカルガリー行きのフライトに搭乗した合計約250名の乗客たち。

出発ゲートに設置されたのは、プレゼントの形をした大きなスクリーン。なんと搭乗券をスキャンすると、画面の向こうのサンタとリアルタイムでお話することができます。

搭乗券をスキャンすることで、名前が識別できるので、サンタはパパにもママにも子供にも、それぞれ名前で呼びかけ、「サンタさんからの贈り物は何がいい?」と問いかけます。

名前を呼んでもらえただけでサプライズ!
乗客たちは、「大きなテレビ!」「アンドロイドのタブレット!」「新しい靴下と下着!」などそれぞれ欲しいプレゼントを答え、画面の前で大はしゃぎ。

しかし、ここからが本当のサプライズ。

乗客たちが搭乗すると、170名以上のスタッフが一斉に駆け出します。

なんと、乗客たちの夢を叶えるために、彼らが飛行中にプレゼントを買い求め、カルガリー空港に降り立った時にプレゼントしようというのです。

複数のチームに分かれて、お店を駆け回るスタッフたち。

買い揃えたプレゼントを急いで包装します。宛名まで明記する細やかな対応も。

無事フライトを終え、カルガリーに降り立った乗客たちを待ち構えていたのは、クリスマスイルミネーションで装飾された手荷物受取所。

そして、コンベヤーを流れてきたもの。それは乗客たち一人一人へのプレゼントでした。

驚き戸惑いの表情を隠せない乗客たち。各々名前が書かれたプレゼントを開けると、搭乗前にサンタにリクエストしたプレゼントが入っていました!

もちろん「大きなテレビ」も「アンドロイドのタブレット」も、そして「新しい靴下と下着」も届きました。

奇跡を起こした感動のサプライズ企画。

Youtubeに公開された動画はわずか4日で1600万回以上再生されています。少々長いですがぜひ最後までご覧ください。

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/onlinecontent/westjet-christmas-miracle/