Case: Mad World

P&Gが販売する女性向けヘアケア製品「パンテーン」によるテレビCMです。

1982年にヒットした「Mad World」のメロディーに合わせて描かれているのは、悩みを抱えながら働く女性たち。

職場では、上の立場にいる男性は「Boss(上司)」と呼ばれますが、女性が同じ立場に立つと「Bossy(威張りちらしている)」と言われてしまいます。

意見を主張する場では、男性ならば「説得力がある」と褒められますが、女性は「強引だ・図々しい」と批判されます。

遅くまで会社に残って仕事をする男性は「献身的」、一方残業をする女性は「身勝手」。

法の下の平等では解決しきれない悩みや葛藤を抱えながらも、ひたむきに仕事に打ち込む女性たち。まさに「Mad World」(狂った世界・おかしな世界)で奮闘する姿がそこにはあります。

コマーシャルの最後は、女性が自信に満ちた表情で、上を向いて歩き出すシーンとともに、「Don’t Let Labels Hold You Back.」「Be Strong and Shine.」というテロップで締めくくられています。

『他人や社会に貼られたレッテルに囚われることなく、強く・美しく輝き続けよう』という、働く女性の美をサポートするパンテーンからの応援メッセージでした。

こちらのCMは、YouTubeでの公開から約1ヶ月で400万回以上再生されています。メッセージが直感的に伝わる秀逸な映像ですので、女性だけでなく、男性の方も音声とともに是非本編をご覧ください。

動画はコチラ

P&Gのユニークな広告に関心のある方は下記もご覧ください。

P&Gの広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/tv-commercials/pantene-mad-world/