Case: Mandela

ブラジルで制作されたグラフィックが秀逸なプリント広告。

2013年12月5日。南アフリカ共和国元大統領のネルソン・マンデラ氏が亡くなりました。反アパルトヘイト運動に身を投じた彼の人生に哀悼の意を示す追悼広告が、「Grupo RIC de Comunicação」というメディアネットワークによって制作されました。

1918と2013という数字。

マンデラ氏の生きた西暦が刻まれているのですが、“8”と“3”の部分が手錠のようなデザインになっており、2013の“3”の方では手錠が外れています。これにより彼が成し遂げた偉大な功績(アパルトヘイト制度の撤廃)を表現しています。

コピーは、“A tribute to the man who gave life to freedom.(自由のために人生をかけた男への賛辞)”。

美しく、胸に響く追悼広告でした。

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/print/grupo_ric_de_comunicacao_mandela?size=original