Case: It looks bigger

世界的に有名な大手家電ブランドのPHILIPSが、南アメリカのヨハネスブルグで制作したボディーグルーマーのプリント広告をご紹介。

男性も“デリケートな部分のヘアのお手入れをしましょう”、ということを訴求するために目の錯覚を利用したビジュアルを制作しました。

もちろん広告では描けない部分なので、“そこ”をスマートに「○」の図形だけで表現しています。中央の丸のサイズは実は同じなのに、周りの丸が小さくなると右の方が大きく見えるという目の錯覚。

毛のお手入れをした方が“こんなベネフィットがあるよ!”ということを訴求しています。

コピーは“The benefits of trimming down-there-hair.(アンダーヘアをお手入れするとこんなお得なことが)”。

男性の体毛のお手入れも流行になってしまうかもしれない、ちょっと大人のプリント広告でした。

世界各地で実施されたフィリップスのユニークな広告に関心のある方は下記もご覧ください。
フィリップスの秀逸な広告/プロモーション(まとめ)

『目の錯覚』を利用した広告に関心のある方は下記もご覧ください。
目の錯覚を利用した広告(まとめ)

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/print/philips_bodygroom_for_men_it_looks_bigger?size=original