Case: Architecture

香港で制作されたstaedtlerという文房具ブランドのプリント広告。

鉛筆という他のブランドと差異化することが難しい商品を、ステッドラーはいつもおもしろい表現で訴求しています。

今回は鉛筆を「すべてのアイデアの根源となるもの」と読み替えてクリエイティブを制作しました。

鉛筆の先に削りだされた様々な高層ビル。
コピーは、“Where it all begins.(すべてがはじまる場所)”。

「大きな建造物だって、最初は鉛筆でかかれたラフスケッチからはじまっている。鉛筆はいつもアイデアの出発点。」ということをドラマチックに表現しています。

クラフト力で語るステッドラーのオシャレなプリント広告でした。

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/outdoor/staedtler_architecture?size=original