Case: Dill

ディスカウントスーパーマーケットチェーンのLidlが、同社の名を伏せて、ストックホルムで期間限定のレストランをオープンしました。

3週間限定でオープンした「DILL」という名のレストラン。おしゃれなただずまいのレストランを仕切るのは英国から招き入れた一流シェフ。

一流の料理が“破格の安さ”で提供されているとあって、瞬く間にストックホルム市民を虜にし、オープンから3週間、予約が途切れることがなかったといいます。

絶品料理が破格値で提供されていたことも驚きですが、何より市民を驚かせたのは、レストランは実はディスカウントスーパーのLidlが経営していて、全食材はLidlで調達したという事実。

中身の素晴らしさに気づくには、時には外見を変えてみる必要があるというLidl。

Lidlが取り扱うディスカウント食材の提供場所をスーパーではなく高級レストランに変えることで、『真の品質に気づいてもらおう』という試みでした。着想が素敵な取組みですね!

商品やサービスをPRするための「期間限定ショップ」の事例に関心のある方は下記もご覧ください。
世界の斬新なポップアップショップ&レストラン(まとめ)

動画はコチラ

Lidl Dill 60s from Colony on Vimeo.

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/ambient/lidl-dill/