Case: Frightening October, Elevator

ブラジルのホラードラマ「Frightening October」の新シーズンを告知するゲリラプロモーションをご紹介します。

今回のプロモーションの舞台はエレベーター。

いつも通りエレベーターに乗り込む若者たち。エレベーター内にはニュースを流す小さな画面が設置されており、乗客は何気なく目をやります。

昼のニュースとして流れているのは、「死体が葬儀中に忽然と姿を消した」というもので、死体となった男性の顔写真付きで報道されています。薄気味悪いニュースにゾッとした表情を浮かべる乗客たち。

すると、次の瞬間、乗客たちにさらなる恐怖が襲い掛かります。なんと、ニュースで報道されていた写真の男性がエレベーターに乗り込んで来るのです。

恐怖で固まる乗客、仲間と肩を寄せ合い一刻も早く降りようと焦ります。

乗客をパニックに落とし入れたところで種あかし。
ニュース画面が切り替わり、ドラマの新シーズンの告知が流れ、ドッキリプロモーションであったことが明かされました。

この恐怖のドッキリプロモーションは、エレベーターの他、待合室でも行われ、多くの人が一足先にドラマの恐怖を体験したといいます。

「エレベーター」を舞台にしたプロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。
Elevator Promotion(2011~)

動画はコチラ

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/ambient/space_channel_frightening_october_elevator