Case: Pepsi, Halloween

飲料ブランドのペプシがベルギーで制作したプリント広告。
日本ではその規制が厳しい比較広告ですが、海外では他社の商品を自社広告に出すことは案外あるもの。その中でもコカ・コーラとペプシの比較広告合戦は昔から歴史があります。

今回はハロウィーンにあわせてペプシが制作したものをご紹介。そのクリエイティブがこちら。

コピーは、“We wish you a scary Halloween!(あなたに恐ろしいハロウィーンが訪れますように!)”。

ペプシの缶が、コカ・コーラのロゴが記載されたマントをまとっているというビジュアル。
競合商品であるコカ・コーラを「悪」「恐ろしい存在」「怖いもの」として描いています。悪役の代表的な存在といえそうな、“ドラキュラがまとうマント”をイメージしたものでしょうか。

この画像は、Facebookにポストされるやいなや、一気に30万回シェアされたそう。

賛否両論ありましたが、ハロウィーンというイベントにあわせて世の中にノイズをつくりだしたことは確か。今後もこの2社の比較広告やののしり合い合戦が楽しみになる事例でした。

海外ならではの比較広告に関心のある方は下記もご覧ください。
世界のユニークな比較広告(まとめ)

世界各地で実施されたペプシのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。
ペプシの愉快な広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/print/pepsi-halloween/