Case: Treadmill Challenge

世界最大のマラソン大会のひとつである「ニューヨークシティマラソン」。そのスポンサーを務めるアシックスが、一般市民にもマラソンに興味を持ってもらおうという趣旨のもと、特注のランニングマシーンを開発。マンハッタンの中心部でイベントを開催しました。

大きなトラックの荷台に設置されたこのマシンは、アメリカ最速のマラソンランナーであるライアン・ホール選手の平均速度(4分46秒/1マイル)に設定されています。

ニューヨークの人々にこの“高速ランニングマシン”に挑戦してもらい、『世界レベルのスピードを体感してもらおう』という企画です。

体力自慢のニューヨーカーたちが次々にトライします。必死の形相で全力疾走するものの、ほとんどの人はあっという間に脱落。

あまりに早いペースに、走った人たちは「信じられない!」「人間離れしている!」と驚きを隠せません。このスピードで42キロ以上を走るのですから、マラソンという競技がいかに過酷なスポーツなのかが分かりますね。

トップアスリートの実力を肌で感じてもらうことで、人々のマラソンに対する関心を高めることはもちろん、競技に打ち込む選手のひたむきな努力や、高い技術までもが垣間見れるような、素晴らしいイベントだと思いました。

動画はコチラ

参考サイト

AdFreak
http://www.adweek.com/adfreak/treadmill-hell-how-long-can-you-keep-champion-marathoners-pace-153556