Case: Europe is just next door

首都パリから50以上の都市への鉄道網を構築しているフランスの国鉄・SNCFが、パリの街角に『リアルどこでもドア』を設置するというアンビエントプロモーションを実施しました。

パリの街角に突如現れたは、赤、水色、オレンジ、黄緑、紫のカラフルな5つのドア。町行く市民の興味をそそります。

勇気を出してそのドアを開けてみると、なんとドアの向こうは別都市。

ドアに表示されている都市につながっているという、『リアルどこでもドア』。ミラノと書かれた紫色のドアを開けると、ドアの向こうはミラノのカテドラル広場。そして道化師が現れます。

バルセロナと書かれたオレンジのドアを開けると、ポルトベル広場でストリートダンサーが踊り、ブリュッセルと書かれた水色のドアの向こうにはアゴラ広場で似顔絵を描く絵描きがいます。

このドア、ただ別都市の映像を流しているのではなく、テレビ電話のように双方向でライブ映像を視聴できるようになっています。

ドア越しで別都市にいる人とやりとり可能なので、ジュネーブと書かれた赤いドアの向こうのカップルと会話しながら、まるで一緒にレマン湖でボートを漕いでいる気分を味わえたり、黄緑色のドアを開けて、シュトゥットガルトの町で右へ左へリクエストを出しながら、疑似サイクリングを楽しんだりすることもできます。

今回の『リアルどこでもドア』を通じて、「SNCFに乗れば、ヨーロッパの主要都市にすぐ行けますよ!」というメッセージを発信しているようです。とっても楽しいプロモーションでした!

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/onlinecontent/sncf-europe-is-just-next-door/