Case: Art Is Motion

「車の運転にはその人の性格があらわれる」という話を聞いたことがありますか?

そんな話に目を付けたトヨタ自動車の高級車ブランド・レクサスは、ベルギーで“運転データに基づいて運転手の肖像画を描く”車を披露しました。

特別に改造されたのは、ハイブリッド車レクサスIS300h。無数のセンサーが設置され、ハンドルを握って走行する運転手のステアリング、スピード、電気/ガソリン切り替えなどの運転データを瞬時に収集します。

事前に撮影した運転手の写真をもとに、車に搭載されている肖像画を描くソフトウェアを用いて、リアルタイムで運転手の顔を描き出すという試みが行われました。

ゆっくり走行するとより繊細なタッチになり、電気を使用して走行するとエコ系ブルー色が強くなります。

ガソリンを使用し、スピード走行すると、抽象的なタッチになり、色彩も力強いものになります。

“運転スタイルから運転手の顔を描き出す”というユニークな試みでした。
世界各地で実施されたレクサスの広告に関心のある方は下記もご覧ください。

レクサスの斬新な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ