Case: Smileball

昔から『笑う門には福来る』といいますが、「笑顔」にはストレスの軽減・免疫力向上などの効果があることが科学的に実証されており、私たちの健康増進に非常に有効だといいます。

そんな「笑顔」に着目して、スイスの健康保険会社「KPT」は“笑顔でもっと健康に”という趣旨のもと、「Smileball」と名付けた一風変わったピンボールゲームを開発しました。

通常のピンボールは手元のレバーを使ってボールを弾く操作をしますが、このSmileballでは、レバーではなく“笑顔”で操作をします。

どういう事かというと、この機械には正面に顔の表情を感知するセンサー付きのカメラが仕込んであります。ゲームをプレイする人の“笑顔”をカメラが捉えると、それに機械が反応してボールをはじくという仕組みです。

右の口角を上げると右側のバネが上がり、左の口角をあげて笑うと左のバネが動いてボールを弾く、といった具合。

参加した皆さんは、ゲームが面白いのか、はたまた笑顔を作っているうちに楽しくなってしまうのか、とにかく笑顔!、笑顔!

保険会社にとって最も有益なのは、加入者に健康でいてもらうこと。それを“笑顔”によって実践しようとは、着眼点が非常にユニークですね。

見ているこちらがニコニコしてしまうような、楽しい取り組みでした。

“笑い・笑顔”をトリガーにしたプロモーション事例に関心のある方は下記もご覧ください。
笑いや笑顔がトリガーになるプロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

I believe in advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2013/10/kpt-health-insurance-smileball/